新型コロナウィルス関連

新型コロナウイルス禍と叙勲・褒章の行事について

令和2年2月より端を発した新型コロナウィルス禍ですが、令和3年10月になって、第5派が落ち着いて参りました。

しかし、令和2年2月末より自粛傾向にあった行事はすぐには従来通りとはならず、一部の省庁で伝達式を行うのみになるだろうと、慣例に基づいた予測がされています。

拝謁が中止になったため、せめてもの救済措置として予定されていた皇居の見学会についても、令和2年秋と令和3年春のご受章者様は中止となってしまいました。令和3年秋のご受章者様が見学会に参加できるのは、感染がある程度抑え込められた状況を前提として、令和4年の2~3月頃になると予測されます。

皆様が、このような状況下で、難しいご判断をされることがあろうかと思いますが、そのご決定を揺るぎないものにするために、ぜひ弊社の知識と経験をお役立てください。

令和3年秋の閣議決定や新聞発表は、従来と変わりません

新型コロナウィルス禍により、閣議決定や新聞発表が遅くなったことはありませんでした。

つまり、春では危険業務従事者叙勲は4月上旬、褒章は4/28、叙勲は4/29日が新聞発表となり、秋では春では危険業務従事者叙勲は10月上旬、褒章は11/2、叙勲は11/3日が新聞発表となります。

​つまり、新聞発表後にこれまでと同じようにお電話・祝電・お花・お祝い品が届くことでしょう。

伝達式・拝謁は、政府主宰の親授式・重光章伝達式は実施ですが、令和3年春のご受章者様と合同で行われるそうです。中綬章以下の伝達式は全国から一カ所に集まって行われる形態の伝達式は未定です。
これに伴い、授与日程・方法は、各省庁および推薦団体の判断により、未定となっております。

旭日大綬章・瑞寶大綬章・旭日重光章・瑞寶重光章の方

令和3年春の大綬章及び重光章ご受章者様は、親授式および伝達式を行うまで勲記・勲章をいただけないようです。次の令和3年秋の親授式および伝達式に一緒にいただくとも言われております。気の長い話ですが、もうしばらくお待ち下さい。

中綬章・小綬章・雙光章・單光章・褒章の方

2021年10月1日の時点では、全く未定となっておりますが、省庁か推薦団体の判断で、授与されます。簡略的な授与式をしたり、担当者からご自宅に直接届けに来てくれたり、宅配便で届いたり・・・と、受章者の方の所管する省庁および推薦団体により、大きく異なります。

新聞発表でのご祝意の対応は、平時と同じです

新聞発表後のお電話・メール・祝電・ご祝い品に備え、記録するリストを用意しておきましょう。

下の項目をクリックすると、エクセル形式、PDF形式のデータをダウンロードすることができますので、​お使いください。

Microsoft Excel形式でダウンロード(xls)

Adobe Acrobat PDF形式でダウンロード(pdf)

リスト例-1.png

ご受章者様の関心は、「伝達式・拝謁は延期・中止のどちらか?」から、

「いつ勲記・勲章(褒章の記・褒章、褒状、飾版)が届くの?」になると思われますが、

11月の中旬~年内に順次届けられると思われます。

令和3年春の叙勲・国家褒章では、4月14日の時点で、5月14日からの伝達式・拝謁に関して、親授式の延期、重光章伝達式の延期、そして全ての拝謁の中止が菅官房長官より報道各社を通じて知らされました。その後、9月の上旬に親授式(大綬章)および伝達式(重光章)、9月の中旬頃に令和2年秋の受章者の皇居見学会、続いて令和3年春の受章者の皇居見学会が予定されておりましたが、首都圏を中心とした緊急事態宣言により、延期となりました。

ワクチンの接種率が上昇しているものの、ご受章者様が高齢者が中心であることを考慮すれば、当然の結果であると考えられます。

このように、新型コロナウィルスの感染拡大により、伝達式および拝謁が取りやめ或いは中止になるケースはよくあります。

令和3年秋についても、心づもりをしておく必要があるでしょう。

しかし、叙勲・褒章受章そのものが中止になるわけではありません。

すると、勲記・勲章(褒章の記・褒章、褒状、飾版)がいつ授与されるのかが気になります。

①別の日に設定するパターン

 親授式と重光章の伝達式が該当します。

②最寄りの施設に取りに行くパターン

 一部の県警の受章者さんは、自分が管内の警察署に取りに行くそうです。

③自宅に配送

 警視庁などの、受章者が色々な地域に住んでいる場合は、欠席者の方へお送りしていたのと同じ方法で宅配便を仕様することも考えられます。

④担当者が持ってきてくれる

 埼玉県の消防本部の受章者さんは従来、ご自宅に勲記・勲章を持ってきてくれていました。(一部の本部は自分で取りに行く方式です)中止になっても、これはこれまで通りであると考えられています。

「届けに来てくれる担当者さんや、取りにいく際に首長に会う・・・

 こういう時に、何かお土産を持って行くべきか?」というご質問。

勲記・勲章(または褒章の記・褒章)が宅配便で届くのであれば、ただ受取るだけで済みますが、ご自宅に届けてくれるということになると、こういうことを考えるようです。

「せっかく持ってきて貰うのに、手土産1つ渡さずに帰すわけにはいかないだろう」

確かに、例えば埼玉県で地方自治関係、県管轄厚生労働関係でご受章された方には、県の部長さんが来てくれました。更生保護関係においても、遠いのに企画調整課長が家まで持ってきてくれました。医師会や歯科医師会についても、会長が持ってきてくれた、県の本部に行って会長から渡して貰った・・・等々、手渡しの場合はそれなりの役職者がお届けしてくれるようです。

本来であれば、伝達式を略式にしたためのことですから、それほど気にすることはないのですが、どうしても気になる方には、お持たせ用のお菓子として、幾つかの候補をご提案しております。

①麻布青野謹製 下賜残月(2個入、3個入、5個入、10個入)・菊園

発注から2~3日で届きます。ここより早くお菓子を届けてくれるメーカーさんは国内ではないはずです。

予定が急に決まってしまった場合は、下賜残月をご用命下さい。

賞味期限は18日程度、個包装されているので、お持ち帰りいただいた先でシェアすることもできます。

②塩瀬総本家謹製 姫羊羹(6個入、9個入、12個入、18個入)

発注から1週間程掛かりますが、賞味期限が1年と、多少の日程の変更があったとしても問題なく対処できるのが姫羊羹の良い所です。個包装もされているので、お気軽にお持ち帰りいただいた先でシェアしていただけることでしょう。

③文明堂東京の三笠山・バームクーヘン

発注から10日程掛かるので、急な対応は致しかねますが、その特徴は名の通ったブランドイメージでしょう。カステラは個包装されていないので、お1人に渡す際には向いていますが、先方でシェアしていただくことを考えるのであれば、三笠山かバームクーヘンが適当でしょう。賞味期限は概ね10~14日ですので、かなり計画的にご注文を頂く必要があります。

下賜残月_3個入_箱.jpg

下賜残月の良さは、同じような類似品の『残月』と比較すればわかる美味しさと、納期の早さに尽きます。

​麻布で製造することから、台風や雪等の災害にあった場合、北陸や近畿であると物流がストップする弱点がありますが、ここのお菓子はそういう配送のトラブルにも強いです。

姫羊羹_紅白箱_6個入.jpg

銀座明倫館と同じ扱いです。

弊社では、さらに大容量の

12個入、18個入まで対応して

​おります。

叙勲三笠山3個.jpg
叙勲バームクーヘン6個入.jpg

良い意味で無難な、安定感のあるお菓子です。味わった物を差し上げて、何かあったらどうしよう、という方は、こういったブランド品の方がご安心できるでしょう。

「拝謁でいただける筈だった御下賜品は、

 自分で購入することができますか?」というご質問。

 

本来、拝謁に行くと帰りのバスの中で天皇陛下からお土産に

『皇室』という冊子と、『残月』というどら焼きを半分に

折ったようなお菓子が三個入った折り箱を貰います。

全く同じものを販売するわけにはいきませんので、個人的に

おたのしみいただけるよう、販売用をご用意しました。

拝謁に行けなかった分、ご自宅や職場等で、御下賜のおすそ

​分をされてみてはいかがでしょうか?

 

ご購入は『オンライン販売』または販売店にご注文下さい。

下賜残月_5個入_箱と蓋.png

AN-1022 下賜残月 5個入 紅白化粧箱

拝謁が中止になったことを受けて、
記念写真だけでも撮ろうという方は、
大宮または銀座で、ワンストップの
サービスをしております。

せっかくの晴れの姿を在りし日の思い出として残せるように、記念写真の撮影をお勧めいたします。
弊社は新型コロナウイルス禍の中にあって、1カ所で貸衣装・着付・ヘアー・メイク・着付ができるサービスをとしま衣裳と共にご提供しております。通常、ホテルで15万以上掛かる一式が10万で済ませられるリーズナブルな価格となっております。(自前のご衣裳、着付が不要なお洋服等であれば、さらにお安くご利用いただけます。)

詳しくはとしま衣裳にお問い合わせください。

048-641-4738(担当:大塚)

としまワンストップ_大宮.jpg
としまワンストップ_銀座.jpg

新聞発表時へのご祝意へのお礼状やご厚情返しはいつ?

例年の叙勲・褒章であれば、新聞発表以降にご自宅、会社、協会等にやってきたご祝意に対しては、拝謁の後にお礼状のお返しをするのが一般的です。また、お花やお金といったお祝いに返礼として記念品を送る『返礼の発送』は、祝賀会や会合をされる方はずっと先になりますが、通常であれば春はお盆まで、秋は年末までと考えられています。

今回のようにいつ収束するかわからない新型コロナウイルスの感染で自粛ムードが蔓延している中では、平時と考え方が異なります。

■お礼状の出すタイミングなど、ない。

 業者都合の「発表されたら、2週間以内に出す」「伝達式が行われる予定だった11月中に出す」「予め準備しておいえ、拝受したらすぐに出す」等の情報は、素直に聞く必要はありません。


 一般的に考えれば、緊急事態宣言等の非常事態が収束するまでは自粛するものと考えるでしょうが、新型コロナウイルスの感染に配慮した文面にして、とりあえず挨拶状だけは先に出しておく、という対応をしてまいりました。弊社のお礼状は、新型コロナウィルス感染拡大がはじまった頃から、新型コロナ禍に対応した文例を唯一掲載していた専門店ですので、お気軽にご相談ください。

 ご自分で文章をつくられるのも、ご自身の味が出て、とても良いと思います。思いつかないでも、オリジナル文で作成したい場合は、ポイントを箇条書きにしてご指示を下さい。こちらで文章を起こさせていただきます。

 また、伝達式・拝謁が行われるかどうかわからないのであれば、どのような状況でも使用できる汎用的な文案のものを用意しておけば、新聞発表後のいつ出しても問題ありません。この場合、『単カード ご挨拶状』をお使いになると良いでしょう。

■お返しは、十人十色

 だが、それでいい。それがいい。

 

 お祝い返しについては、やはり終息の機運が出た頃までお待ちした方が無難でしょう。しかし、そういう時期に関係なく、早くお祝いやこれまでのご厚意にお礼をしたい、ということであれば、挨拶状同様、配慮あるお礼状を同封すれば良いのではないでしょうか。

 お返しは急ぐものではありません。延びた期間を「考える余裕が出来た」と捉え、ゆっくり対処していけば、お気持ちのご負担も少ないでしょう。​

 同業他社で、「年内で無ければ失礼に当たる」等の一方的な価値観でご受章者様の行動をコントロールすることを、弊社はとても不快な気持ちで見ております。現代の社会において、価値観が多様化する中、お祝いやお返しの考え方も各々で考えられており、そういったものの曖昧な集結が慣習となり、後になってそれが当たり前のように言われているわけです。

 ですから、皆様のお返し方法は、皆様のものです。弊社はそれを弁え、判断の材料となるアドバイスにとどめさせていただいております。